ソファやベッドの代わりにも! 室内に適した自立式ハンモックの選び方

目次※見出しをクリックするとスクロールします。
●室内でも使える自立式ハンモック
●自立式のハンモックの特徴は?
●活用シーン別。自立式ハンモックの選び方
 ○シンプルにハンモックでくつろぐ
 ○ソファーの代わりにハンモックを置きたい
 ○ベッドの代わりにハンモックを置きたい
●家具としてハンモックを使用する場合は安心感が必要

ソファ,ベッド


室内でも使える自立式ハンモック


流行病によって外出自粛が続き、生活様式の変化も重なった昨今で、ハンモックが密かにブームとなっていることはご存じでしょうか?
自宅にも設置できるタイプの「自立式ハンモック」が人気となっており、自宅のソファーや寝具のベッドをハンモックに置き換えて、おうち時間を充実させている方も増えてきています。
今回は自宅などの室内に設置して、おうち時間を充実させるための自立式ハンモックを紹介します。



自立式のハンモックの特徴は?


ハンモックというとアウトドアで使用するイメージが強いと思いますが、現在は室内にも設置できるような「自立式ハンモック」の販売も増えてきています。

自立式ハンモックはその名の通り、ハンモックの生地(布)を吊り下げるための支柱が付属している商品で、設置スペースさえ確保できていれば置く場所を選ばないのが最大の特徴です。
リビング、寝室、自宅のベランダやバルコニーなど、自身のお気に入りのスペースに設置することができます。
自立式ハンモックの中にもいくつかの種類があり、ハンモックの生地(布)を吊り下げるハンモックスタンドの形状や、布の種類などによっても寝心地や利便性に差が生まれてきます。
1本軸型のハンモックスタンド、2本軸型のハンモックスタンドといったように、見た目も寝転んだ際の寝心地もことなることがあり、それぞれのタイプによって特徴も変わるため、より詳しく知りたい方はタイプごとの特徴を解説した記事も目を通しておくことをおすすめします。


【関連記事】
自立式ハンモックとはなにか?様々なシーンで活躍する自立式ハンモックの魅力

近年ハンモックの人気が高まっていますが、中でも特に人気なのは自立式ハンモックです。なぜ自立式ハンモックが選ばれるのか、その魅力と購入時の注意点を解説していきます。


活用シーン別。自立式ハンモックの選び方


それでは室内での活用シーン別に、どんな自立式ハンモックを選ぶと良いのかをご紹介していきます。
自宅などの室内においてゆったりくつろぐことを目的に購入されるケースも多い自立式ハンモックですが、ソファーやベッドの代わりに家具としてのニーズも高まっています。
置き替える家具や目的によってそれぞれおすすめの選び方を解説していきます。


ハンモック


シンプルにハンモックでくつろぐ


室内で寝転んで休憩をしたり仮眠を取ったりと、ハンモックでくつろぐことを想定している場合は、「寝心地が良い」ハンモックを選ぶことを重視してください。
ハンモックの寝心地の良さは、ハンモックの「生地(布)のサイズ」「生地(布)の素材」「ハンモックスタンドの安定性」で決まります。
寝心地の悪いハンモックを選んでしまうと、逆に体が疲れたりだるさを感じてしまうなど、リラックスするどころか逆効果になってしまう可能性もあるため、寝心地の定評が高い自立式ハンモックを選ぶことがおすすめとなります。


【関連記事】
寝心地が【良いハンモック】と【悪いハンモック】は何が違うのか。把握しておきたいデメリットは?

自宅でもアウトドアシーンでも人気のハンモックですが、販売されているハンモックは様々なタイプのハンモックが存在します。今回は寝心地が良いハンモックとそうではないハンモックは何が違うのかという点に焦点を当てて紹介させていただきます。


ソファーの代わりにハンモックを置きたい


ソファーの代わりにハンモックを使用する場合であれば、使用する人数を考えておく必要があります。
一人で使用する場合であれば、コンパクトなサイズの自立式ハンモックでもOKです。
ただ、一緒に生活をするパートナーや子供と一緒にハンモックを使用する場合であれば、複数人が乗れるだけの広さと体重を支えるための耐荷重量を加味して選ぶことが重要となります。
自立式ハンモックにもコンパクトなタイプや、複数名で使用することを想定したタイプなどが販売されていますので、使用人数を考慮した自立式ハンモックをお選びください。
複数人で使用する場合の「耐荷重」の目安は、300kg以上の商品を選んでおくと安心して使用することができます。

また、時には寝転んでくつろぐことも考慮すると、ハンモックの布面積の大きいタイプを選んでおくとよりリラックスしたおうち時間を過ごすことができます。


【関連記事】
自宅をくつろぎ空間に。本当にくつろげるハンモックのチェックポイント

ハンモックは近年自宅などの室内でも使用されるケースが多くなってきています。今回は自宅で存分にくつろぐためのハンモックのチェックポイントを解説していきます。購入前にぜひチェックして自宅に合うハンモックを確認してみてください。


ベッドの代わりにハンモックを置きたい


ベッドとして自立式ハンモックを使用する場合であれば、安心して眠ることのできる寝心地の良さが重要となります。
寝心地を左右することの1つとして、ハンモックの布のたわみ具合があります。
そのため、自分が寝てみて心地よいと感じる布のたわみ具合を調節する為の「調節しろ」が必要になります。
調節しろがあるタイプのハンモックとそうではないハンモックもある為、購入の際には注意して確認してください。
ハンモックを寝具として使用する場合、腰痛が治るなどの口コミも多く寄せられています。
ベッドや布団などと違い、体を包み込むように布が接するため体重を分散してくれるため、余計な寝返りを打たずに質の良い睡眠を実現してくれますので、是非心地よい寝心地を体験してみてください。
興味がある方は、ハンモックを寝具にすることの効果を解説した記事も参考にしてください!


【関連記事】
ハンモックの寝心地は?ベッドとしても使用できるハンモックの睡眠効果とは

ハンモックを購入された方の中には、あまりの寝心地の良さに寝具としてしようしている方もいるほどです。今回はハンモックの寝心地と寝具で使用することのメリットなどを解説していきます。


家具としてハンモックを使用する場合は安心感が必要


室内で安心してくつろぐためには、寝転ぶ、座るどちらの用途でも重要なのは安心して使用できる丈夫な自立式ハンモックを選ぶということとなります。
Vivere(ビブレ)ハンモック世界基準の品質管理を実現するため、検査期間として創業189年の歴史と世界140カ国、1,400拠点の実績を持つ国際検査機関、Bureau Veritas(ビューロベリタス)でも耐久試験を実施し世界基準のモノづくりを心がけているメーカーでもあります。
自立式ハンモックとして安定感の高い1本軸タイプのしっかりとしたスタンドも特徴のハンモックとなっていて、口コミでも寝心地に対して非常に高い支持を得ている商品となりますので、ハンモック初心者の方にもおすすめのハンモックとなっています。

注意点として、近年のハンモックブームの影響もあり現在ネットショップなどではブランド品のコピー商品や、製品の保証がされてない転売品などの販売が横行しています。
購入後に後悔をしないためにも、購入先が正規で信頼のおけるショップなのかは確認しておくことをおすすめします。


【関連記事】
室内に置くハンモック選びのポイント5点を解説。室内向け自立式ハンモックのおすすめを紹介

室内の設置需要も高まっているハンモックですが、どんなハンモックが室内に適しているのかを今回は解説し、選び方のポイントやおすすめを紹介していきます。

【関連記事】
憧れのハンモックで後悔しないために。知っておきたいハンモックのメリット・デメリットとおすすめを紹介

ハンモックを購入して後悔しないためには知っておきたい情報があります。今回は後悔しないために知っておくべきデメリットや、用途別のオススメハンモックなどを紹介していきます。

コラム一覧に戻る

コメントを書く

コメントは公開前に承認される必要があります。