ソファやベッドの代わりにも! 室内に適した自立式ハンモックの選び方

目次※見出しをクリックするとスクロールします。
●ソファーやベッドの代わりにも使える自立式ハンモック
●活用シーン別。自立式ハンモックの選び方
 ○ソファーの代わりにハンモックを置きたい
 ○ベッドの代わりにハンモックを置きたい
●家具としてハンモックを使用する場合は安心感が必要

 

ソファ,ベッド

ソファーやベッドの代わりにも使える自立式ハンモック

流行病によって外出自粛が続き、生活様式の変化もある昨今、ハンモックが密かにブームとなっていることはご存じでしょうか?
自宅にも設置できるタイプの自立式ハンモックが人気となっており、自宅のソファーや寝具のベッドをハンモックに置き換えて、おうち時間を充実させている方も増えてきています。

今回は自宅などの室内に設置して、おうち時間を充実させるための自立式ハンモックを紹介します。


活用シーン別。自立式ハンモックの選び方

ハンモックというとキャンプなどのアウトドアシーンでの利用をイメージする方も多いかと思いますが、現在では室内にも置けるタイプの自立式ハンモックが人気となっています。
自宅などの室内においてゆったりくつろぐことを目的に購入されるケースも多い自立式ハンモックですが、ソファーやベッドの代わりに家具としてのニーズも高まっています。
置き替える家具よって重要視したいポイントを以下の通り整理しました!

ハンモック

ソファーの代わりにハンモックを置きたい

ソファーの代わりにハンモックを使用する場合であれば、使用する人数を考えておく必要があります。一人で使用する場合であれば、コンパクトなサイズの自立式ハンモックでもOKです。
ただ、一緒に生活をするパートナーや子供と一緒にハンモックを使用する場合であれば、複数人が乗れるだけの広さと体重を支えるための耐荷重量を加味して選ぶことが重要となります。
自立式ハンモックにもコンパクトなタイプや、複数名で使用することを想定したタイプなどが販売されていますので、使用人数を考慮した自立式ハンモックをお選びください。
また、時には寝転んでくつろぐことも考慮すると、ハンモックの布面積の大きいタイプを選んでおくとよりリラックスしたおうち時間を過ごすことができます。


ベッドの代わりにハンモックを置きたい

ベッドとして自立式ハンモックを使用する場合であれば、安心して眠ることのできる寝心地の良さが重要となります。
寝心地を左右することの1つとして、ハンモックの布のたわみ具合があります。
そのため、自分が寝てみて心地よいと感じる布のたわみ具合を調節する為の「調節しろ」が必要になります。
調節しろがあるタイプのハンモックとそうではないハンモックもある為、購入の際には注意して確認してください。
ハンモックを寝具として使用する場合、腰痛が治るなどの口コミも多く寄せられています。
ベッドや布団などと違い、体を包み込むように布が接するため体重を分散してくれるため、余計な寝返りを打たずに質の良い睡眠を実現してくれますので、是非心地よい寝心地を体験してみてください。

興味がある方は、ハンモックを寝具にすることの効果を解説した記事も参考にしてください!


 

家具としてハンモックを使用する場合は安心感が必要

ソファとベッド、それぞれハンモックに置き替える場合のポイントを解説させていただきましたが、双方共通して重要なのは安心して使用できる丈夫な自立式ハンモックを選ぶということとなります。

Vivere(ビブレ)ハンモック世界基準の品質管理を実現するため、検査期間として創業189年の歴史と世界140カ国、1,400拠点の実績を持つ国際検査機関、Bureau Veritas(ビューロベリタス)でも耐久試験を実施し世界基準のものづくりを心がけています。
自立式ハンモックとして安定感の高い1本軸タイプのしっかりとしたスタンドも特徴のハンモックとなっておりますので、もっと詳しく知りたい方はVivere(ビブレ)ハンモックのこだわりも確認してみてください!




筆者プロフィール
K_Arafune
ハンモック使用歴8年の愛好家。
数多くの国内外ハンモックを使用して研究し、今ではVivere(ビブレ)ハンモックを愛用しています。
会社員として働く傍らで、お気に入りのVivere(ビブレ)ハンモックを多くの人に知ってもらうために、記事執筆等を通してマーケティング活動をしています。
Liquid error: Could not find asset snippets/go-to-top.liquid