室内でも使えるハンモック!家に置きたいおすすめのハンモックと設置方法

目次※見出しをクリックするとスクロールします。
●室内のくつろぎの空間を作ってくれるハンモック
●室内に設置できるハンモックの種類は主に3種類
 ○自立式ハンモック
 ○吊り下げ式ハンモック
 ○ハンモックチェア

●室内への設置方法
 ○自立式ハンモックの設置方法
 ○吊り下げ式ハンモックの設置方法
 ○ハンモックチェアの設置方法
●室内に設置するハンモックのおすすめは?
●ハンモックを自宅空間の憩いの場所に

室内のハンモック

室内のくつろぎの空間を作ってくれるハンモック

ハンモックに揺られて自宅でリラックスする。そんな憧れを持っている方もいると思います。
現在ではハンモックは気軽に購入して、室内に設置できるアイテムとなっています。
今回は、室内のくつろぎの空間を演出してくれるハンモックの種類や、それぞれの設置方法について紹介させていただきます。

部屋でくつろぐ


室内に設置できるハンモックの種類は主に3種類

室内に設置できるハンモックの種類は主に「自立式ハンモック」「吊り下げ式ハンモック」「ハンモックチェア」の3種類があります。
それぞれを特徴がありますので、室内に設置する上で自身の環境に合った適切なハンモックを選ぶ参考にしてください。


自立式ハンモック

自立式ハンモックは日本の室内に設置するハンモックとしては、最もメジャーなタイプと言えるかもしれません。
一軒家はもちろん、マンションやアパートタイプの室内にも場所を選ばずに設置することができるタイプとなります。

自立式ハンモック

自立式ハンモックのメリット
・短時間で簡単に組み立てて室内に設置が可能
・設置場所を選ばず、スペースさえあれば移動してどこにでも設置が可能

自立式ハンモックのデメリット
・サイズが大きいため設置のためのスペースが必要


吊り下げ式ハンモック

吊り下げ式ハンモックは吊り下げるためのスタンドが付属していないタイプのハンモックです。
室内に設置するためには、柱や梁に吊り下げ用の金具を事前に準備しておくことが必要となるため、賃貸物件などでは扱いにくいタイプのハンモックとなります。

吊り下げ式ハンモック

吊り下げ式ハンモックのメリット
・設置する高さを自由に調整できる

吊り下げ式ハンモックのデメリット
・ハンモックの布を吊り下げる丈夫な柱や梁、壁がないと使用できない
・設置場所を気軽に変更することができない


ハンモックチェア

ハンモックチェアは座ることに特化しているため、寝そべることはできませんが3つのタイプの中で最も省スペースで設置が可能です。
室内に設置する方法は、自立式ハンモックのようなスタンドが付属した商品を購入するか、吊り下げるための金具を天井に準備しておくことが必要となります。

ハンモックチェア

ハンモックチェアのメリット
・省スペースで設置することができる
・スタンドがセットの商品であれば、自由に設置場所を変えることができる

ハンモックチェアのデメリット
・座ることに特化しているため、寝そべることができない
・吊り下げるためのスタンドがセットではない場合、天井に金具を取り付ける手間がかかる


室内への設置方法

それぞれのタイプのメリットとデメリットを確認したところで、次は室内に設置する際の方法を紹介していきます。
商品によって設置方法は微妙に違ったりすることもあるため、厳密にはハンモックを購入した店舗への確認をするのが確実ですが、今回はスタンダードな設置方法として紹介していきます。


自立式ハンモックの設置方法


必要なもの
・ハンモックスタンド(組み立て用の部品を含む)
・ハンモックの生地(布)

自立式ハンモックの設置方法は非常にシンプルです。
女性でも簡単に組み立てることができ、時間も10分もかからずに組み立て、設置ができます。

手順1:購入したハンモックのハンモックスタンドを組み立てる
手順2:組み立たハンモックスタンドにハンモックの生地(布)をセッティングする



吊り下げ式ハンモックの設置方法


必要なもの
・ハンモックの生地(布)
・吊り下げるための支柱2本(柱や梁)
・吊り下げ用の延長ロープ
・支柱に設置するための金具(フック)

吊り下げ式ハンモックを室内に設置する場合は、吊り下げるための事前準備が必要となります。
場合によっては設置業者を探して下準備してもらうことも検討してください。

手順1:ハンモックを吊り下げるための設置位置(柱や壁)を決める
手順2:ハンモックの生地(布)に必要に応じて吊り下げ用の延長ロープをつなげておく
手順3:設置場所(柱や壁)に実際に吊り下げるハンモックを仮設置して高さやたわみ具合を確認する
手順4:支柱にドリルなどで穴を開けて、金具(フック)を取り付ける
手順5:設置した金具(フック)にハンモックの生地(布)を取り付けて完成!



ハンモックチェアの設置方法


必要なもの
・ハンモックチェアの生地(布)
・上から吊り下げるための柱 or ハンモックスタンド
・吊り下げ用の延長ロープ※ハンモックスタンドを使用しない場合
・支柱に設置するための金具(フック)※ハンモックスタンドを使用しない場合

ハンモックチェアの設置は、購入する商品によって異なります。
ハンモックスタンドが付属している商品の場合であれば、「自立式ハンモック」と同様の組み立方法となるためそちらをご確認ください。
ハンモックスタンドが付属していない場合は、吊り下げ式ハンモック同様設置するための下準備が必要となります。
今回は吊り下げるための柱(梁)がある前提で手順を説明します。

手順1:ハンモックチェアを吊り下げるための設置位置(柱や天井)を決める
手順2:設置場所の柱(梁)にロープを括り付ける前にタオルなどを巻き付けておく
手順3:巻き付けたタオルにハンモックチェアのロープをしっかりと固定する
手順4:固定したロープの先の金具(フック)にハンモックチェアを取り付けて完成!



室内に設置するハンモックのおすすめは?

ここまでハンモックのタイプごとのメリット・デメリット、設置方法を紹介させていただきました。

室内に設置するという条件でいうと「設置が簡単」「設置場所を選ばない」点を重視してハンモックスタンドが付属した”自立式ハンモック”or”自立式のハンモックチェア”がおすすめとなります。
ゆったりと寝そべりたいのであれば自立式ハンモック、寝転ばずに座って揺られたいということであればハンモックチェアという形で目的に応じてお選びください。

いずれかのタイプを選ぶ場合でも、購入前には室内の設置スペースを確保して設置することができるかどうかをチェックしておくことが大切となります。


ハンモックを自宅空間の憩いの場所に

ハンモックは室内に設置することで安心してくつろげる憩い空間にしてくれるアイテムとなります。

ただ設置方法を間違えてしまうと予期せぬ落下事故などで怪我してしまうリスクもありますので、設置には十分注意した上で、ハンモックの知見が十分にある販売店から購入することも重要です。
しっかりと設置方法や使用方法を守った上で室内空間でハンモックに揺られ、ハンモックライフを堪能してください。


【関連記事】
価格が安いハンモックと高いハンモックは何が違うのか。コスパが良い商品の見極め方とは

日本で流通しているハンモックは安い商品から高めの商品と販売される価格帯は様々です。今回は安い商品と高い商品では何が違うのか、またコストパフォーマンスが良い商品の選び方も合わせて解説していきます。

【関連記事】
憧れのハンモック!後悔しないために知っておきたいハンモックの情報まとめ

ハンモックを購入して後悔しないためには知っておきたい情報があります。今回は後悔しないために知っておくべきデメリットや、用途別のオススメハンモックなどを紹介していきます。






筆者プロフィール
K_Arafune
ハンモック使用歴8年の愛好家。
数多くの国内外ハンモックを使用して研究し、今ではVivere(ビブレ)ハンモックを愛用しています。
会社員として働く傍らで、お気に入りのVivere(ビブレ)ハンモックを多くの人に知ってもらうために、記事執筆等を通してマーケティング活動をしています。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

Liquid error: Could not find asset snippets/go-to-top.liquid