圧倒的な寝心地が特徴のハンモック。カナダ発祥のVivere(ビブレ)ハンモックを紹介!

目次※見出しをクリックするとスクロールします。
●カナダ生まれのVIVERE(ビブレ)ハンモック
●VIVERE(ビブレ)ハンモックの特徴を紹介
 ○至高の寝心地にこだわった製品設計
 ○高い安全性
 ○耐久性の高い丈夫なハンモックスタンド・生地(布)・紐
●世界13カ国で支持されるハンモックに
●Vivere(ビブレ)ハンモックの購入は正規ショップで

自立式ハンモック

カナダ生まれのVIVERE(ビブレ)ハンモック


日本での販売も増えてきているハンモックですが、日本に流通しているハンモックは海外製品から日本製品まで多く存在します。
今回は当社で販売している、世界13カ国でベストセラーを獲得しているカナダ生まれのVivere(ビブレ)ハンモックを紹介します。
ハンモックとしての寝心地はもちろん、安全性や耐久性にもこだわっているVivere(ビブレ)ハンモックの特徴をご確認ください。

ビブレハンモック


VIVERE(ビブレ)ハンモックの特徴を紹介


Vivere(ビブレ)のハンモックが支持を獲得しているのには理由があります。
ユーザーからの支持が高い、ビブレハンモックの特徴は以下の3点です。

Vivere ビブレ ハンモックの特徴

・寝心地にこだわった製品設計
・高い安全性
・耐久性の高さ


至高の寝心地にこだわった製品設計


Vivere(ビブレ)社の寝心地に対してのこだわりは、創業当時から変わらない製品へのこだわりとなっています。
カナダのVivere(ビブレ)社代表のジェイソンがまだ学生だった2004年頃、メキシコのユカタン半島での留学中に体験したハンモックの寝心地に感動し、ハンモックの寝心地を広めようと現在のVivere(ビブレ)社を創業した頃から続いているこだわりとなります。



圧倒的な広さの空間設計


Vivere(ビブレ)ハンモックは、圧倒的な広さの空間設計がされています。
Vivere(ビブレ)ハンモックは生地サイズが160㎝×220㎝に設計されており、一般的に販売されているハンモックと比較しても生地サイズが広くなっています。
この大きな生地サイズの布を使用することで、体全体を包み込むような寝心地を実現します。
実際に乗って体験していただくとわかるのですが、Vivere(ビブレ)ハンモックのように「体全体を包み込む」ハンモックと、乗った際に体との接地面が「背中などの背面だけ」のハンモックでは、乗っている際の安定性に差が現れます。
安心してハンモックでくつろぐには、寝転んだ際に「落ちる心配がない」という安心感はとても重要となります。

広いハンモック


寝心地を左右する布のたわみの調整


ハンモックの布の位置は高すぎても乗りにくさを感じ、低すぎると乗った際に地面についてしまうことがあります。
乗る方の体重や、乗る人数によってハンモックの布にかかる重量は変わり布の伸縮率も変化します。
一概にこの高さに設定すると良いという基準はなく、自身にとっての「丁度良い寝心地」を探すのも楽しみの1つとなります。

Vivere(ビブレ)ハンモックは、乗る方の体重や人数の多様性に対応できるように、1人使用(60kg)〜複数人使用(300kg)の重量ごとの伸び方の測定試験を実施し、布のたわみを調整するための調整しろを50cmに設計しています。

調節しろ


高い安全性


ハンモックに乗ってくつろぐためには、高い安全性も必要となります。
Vivere(ビブレ)ハンモックは、耐荷重300kgと複数人が同時に乗っても耐えられるような製品設計をしています。
品質管理も自社でのテストだけではなく世界基準を実現するために、検査期間として創業189年の歴史と世界140カ国、1,400拠点の実績を持つ国際検査機関、Bureau Veritas(ビューロベリタス)での耐久試験を実施しています。
もちろん日本での販売に伴い、日本文化用品安全試験所での耐久試験も実施済みです。
販売している製品の耐荷重は安全を考えて200kgと記載しておりますが、試験の結果は荷重負荷を1,000kgにしても耐えることができた安全性が高いハンモックとなります。

高い安全性


耐久性の高い丈夫なハンモックスタンド・生地(布)・紐


Vivere(ビブレ)ハンモックでは、購入後に長く使用していただくためにも、耐久性が高くグラつきの少ない丈夫なスタンドと体重をしっかり支えることのできる丈夫な生地(布)と紐を使用しています。


ハンモックスタンド


Vivere(ビブレ)ハンモックのスタンドには、BMW社やメルセデスベンツ社などの高級外車にも使用されるパウダーコーディングを採用しています。
これにより耐久性・耐食性を向上させており、屋内・屋外を問わず使用が可能なスタンドとなっています。

ハンモックスタンド


ハンモックの布


Vivere(ビブレ)ハンモックの布には、高級イタリア生地にも採用されている編み込み製法を元にした、Vivere(ビブレ)独自の編み方と選び抜いた高級コットン素材が使用されています。
これにより、ハンモックに乗った際の絶妙な伸縮と高い強度を実現しています。
日本の検査機関で行った耐久試験(ハンモック生地単体)では、1,300kgの荷重でも生地が破れることはありませんでした。

ハンモック耐久試験


ハンモックの紐


体重を支える紐部分も他社のハンモックにはない特殊な編み込み製法で耐久性を実現させています。
不特定多数の方がハンモックに乗る、スーパー銭湯施設スパジャポでは、元々設置していたハンモックの紐部分がすぐに切れてしまっていたようですが、現在では耐久性を評価いただきVivere(ビブレ)ハンモックが設置されています。

ハンモックの紐比較

【関連記事】
Vivere(ビブレ)ハンモックが支持される耐久性の高さの秘密を大公開

Vivere(ビブレ)ハンモックは他社のハンモックと比較しても耐久性の高さに定評のあるハンモックとなります。今回はそんなVivere(ビブレ)ハンモックの耐久性の秘密について他社商品と比較しながらご紹介させていただきます。


世界13カ国で支持されるハンモックに


Vivere(ビブレ)ハンモックは、こだわり抜いた製品設計を評価され、現在では世界13カ国で支持されるハンモックに成長しています。
特に日本、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、スペインではベストセラーも獲得しています。
2022年2月21日時点では、世界合計30,000件を超えるレビューが集まっており、5段階評価で4.8の高水準の評価を獲得しています。
ただ、Vivere(ビブレ)社は現状の商品設計にも満足せずに、常に商品のアップデートをおこなっており、より寝心地の良い、愛されるハンモック作りを継続しています。


Vivere(ビブレ)ハンモックの購入は正規ショップで


世界的に人気となっているVivere(ビブレ)ハンモックですが、購入の際には注意が必要になります。
現在ECモールなどでは、コピー品や類似品が増えてきており、写真だけをパッと見るとVivere(ビブレ)ハンモックと見た目が瓜二つの製品も流通しています。
日本で販売されるVivere(ビブレ)ハンモックの正規販売契約を結んでいるのは弊社だけとなりますので、弊社が管理するショップ以外からの購入の場合は、Vivere(ビブレ)の正規保証を受けることができません
Vivere(ビブレ)の正規品をご購入の際は、以下弊社管理ECサイトからのご購入をお願いいたします。

【関連記事】
ハンモックの転売品、横流し品の見分け方。安全なハンモックを選ぶ知識をお伝えします。

Vivere(ビブレ)ハンモックにはコピー商品や転売品なども多く流通しており、正規のショップで購入しない場合はトラブルになりがちとなります。今回は正規店で購入しないことのデメリットや正規品を見分けるポイントを紹介させていただきます。

【関連記事】
憧れのハンモックで後悔しないために。知っておきたいハンモックのメリット・デメリットとおすすめを紹介

ハンモックを購入して後悔しないためには知っておきたい情報があります。今回は後悔しないために知っておくべきデメリットや、用途別のオススメハンモックなどを紹介していきます。





筆者プロフィール
K_Arafune
ハンモック使用歴8年の愛好家。
数多くの国内外ハンモックを使用して研究し、今ではVivere(ビブレ)ハンモックを愛用しています。
会社員として働く傍らで、お気に入りのVivere(ビブレ)ハンモックを多くの人に知ってもらうために、記事執筆等を通してマーケティング活動をしています。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

Liquid error: Could not find asset snippets/go-to-top.liquid