ハンモックで揺られる効果とは?リラックスに適したハンモックの魅力を紹介

目次※見出しをクリックするとスクロールします。
●リラックスして寝ることに適しているハンモック
●ハンモックで揺られることの効果
 ○揺られることで寝つきがよくなる
 ○揺られることで熟睡できるようになる

●揺れの効果を最大限引き出すおすすめシーン
 ○昼寝のために使用する
 ○熟睡するための寝具として使用する

●ハンモックの揺れが睡眠障害を解消する?
●安心してハンモックに揺られるためのポイント

ハンモックで揺られる


リラックスして寝ることに適しているハンモック


アウトドアシーンでの利用イメージも高いハンモックですが、近年は室内用として購入する方も急増しており、自宅にハンモックを置いて愛用される方も多くいらっしゃいます。
自宅の寝具というとベッドなどのマットレスや、布団で就寝される方が多いと思いますが、中にはなかなか寝付けずに不眠症に悩む方も多いのではないでしょうか?

厚生労働省の発表によると、日本人の5人に1人(20%)は「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」と回答しており、加齢と共に不眠は増加する傾向があるそうです。
すなわち不眠症は今や誰でも陥る可能性のある病気となっています。

引用元:三島 和夫.不眠症.e-ヘルスネット.https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html.厚生労働省

実はハンモックはリラックスして熟睡することに適した寝具でもあり、熟睡して眠ることができる理由としてはハンモックの揺れが良い影響を及ぼしていると言われています。
今回はそんなハンモックで揺られる効果について解説していきたいと思います。

ハンモックで揺られることの効果


ハンモックは今では室内などにも簡単に設置できるアイテムとなりますが、ハンモックの揺れによって「寝つきがよくなる」ことと「熟睡できるようになる」ことが効果として挙げられます。


揺られることで寝つきがよくなる


赤ちゃんもゆりかごで揺られると寝つきが良くなるように、大人も揺られることで寝つきがよくなるという検証結果もあります。

スイスの大学の研究者が18人の成人を対象に、眠りと揺れの関係性について調べるための検証では、揺れたベッドの時には眠りにつくまでの時間が短くなったという検証結果となった様です。
揺られたベッドで眠った際の脳波を計測したところ、最も脳が休まる睡眠の指標となるノンレム睡眠の脳波に達するまでにかかった時間は10分で、静止したベッドで寝るよりも6分ほど早いという結果が得られています。

電車や車などで揺られながら移動する際につい眠ってしまうこともあるかもしれませんが、それも揺れることの科学的な効果なのかもしれません。


ゆりかご



揺られることで熟睡できるようになる


前述した寝つきがよくなることに加えて、揺られることで熟睡できる様になるということも同じ検証の中でわかっています。
揺れたベッドでは眠りにつくまでの時間が短くなる上、さらに脳が休まっている状態のノンレム睡眠の脳波が、静止したベッドの時よりも長く持続していて、夜中に目を覚ますことも少なかった様です。

検証の対象人数が18人とまだまだ少ない実験だった様ですが興味深い研究であり、今後さらに研究が進めば、寝る際に揺れることができるハンモックだけではなく、揺れるベッドが流通する可能性も捨てきれませんね。

睡眠

【関連記事】
熟睡のためにはハンモックで寝るのかが効果的!?寝具としてハンモックを使用するコツを紹介

熟睡できる寝具というと何をイメージするでしょうか?フカフカの布団?高級なマットレス?実はハンモックも夜睡眠を取るのに優秀な寝具ということはご存じでしょうか。今回は寝具としてハンモックを使うことの効果や寝具としてハンモックを使うためのコツを紹介していきます。



揺れの効果を最大限引き出すおすすめシーン


ハンモックの揺れの効果を体験するのにおすすめの利用シーンをいくつか紹介していきます。


揺られながら昼寝をする


心地よく揺られていると、いつの間にかうとうと眠ってしまうような、そんな効果がハンモックにはあります。
自宅の室内でのんびりとしたいタイミングや、ベランダやバルコニーに置いて暖かい陽を浴びながら横になれば、気軽にハンモックの揺れでリラックスして体を休めることができます


寝具として揺られながら熟睡するために使用する


夜眠る寝具がマットレスや布団を使用されている方にも、ハンモックの揺れはおすすめです。
ハンモックを寝具にすることによって、睡眠時の入眠時間の短縮や、熟睡寝起きが良くなるなど様々な効果を実感できる可能性があります。
夜の睡眠でなかなか疲れが取れないなどの悩みを抱えている方は、一度寝具として使用してみることもお勧めします。


>

ハンモックの揺れが睡眠障害を解消する?


ハンモックで揺られることの効果として、「寝つきがよくなる」「熟睡できる様になる」という効果を紹介させていただきました。

実は筆者の私も以前は仕事のストレスや疲れから、夜なかなか寝付けずに朝を迎えてしまうような不眠症に悩まされていた時期がありましたが、寝具をハンモックに変えてからは不眠症に悩まされることが無くなった実体験があります。
寝たいのに眠れないというのは想像以上にストレスとなりますが、厚生労働省の発表にもある通り、成人の5人に1人(20%)は不眠症に悩まされている方がいるのが現状です。

良質な睡眠や休養を取りたいと考える方は、睡眠薬などの薬に頼ることなく、一度ハンモックを寝具として使用してみると意外とあっさりと不眠症の解消に向かうかもしれません。

ハンモックで揺られる

【関連記事】
ハンモックの寝心地は?ベッドとしても使用できるハンモックの睡眠効果とは

ハンモックを購入された方の中には、あまりの寝心地の良さに寝具としてしようしている方もいるほどです。今回はハンモックの寝心地と寝具で使用することのメリットなどを解説していきます。


安心してハンモックに揺られるためのポイント


安心してハンモックで揺れながら眠るには、ハンモックの寝心地の良さは非常に重要となります。
ハンモックの寝心地の良さは、ハンモックの布のサイズに比例すると言っても過言ではなく、幅の広い布で安定感のある土台(スタンド)のハンモックを選ぶことが大切になります。

寝心地を重視した大きなハンモックを探している方は、Vivere(ビブレ)ハンモックダブルサイズをお試しいただくのがおすすめとなります。
Vivere(ビブレ)ハンモックはカナダ発祥の自立型ハンモックで、至高の寝心地を追求したハンモックです。
世界各国でベストセラーを獲得しており、日本でも気軽に組み立てて室内に設置することができるため人気を集めているハンモックとなっています。


【関連記事】
カナダ発祥のVivere(ビブレ)ハンモックを紹介!

世界13カ国で支持されているVivere(ビブレ)ハンモック。Vivere(ビブレ)ハンモックが支持される理由にはこだわり抜いた製品設計・品質管理があります。こちらの記事では、Vivere(ビブレ)ハンモックのこだわりと特徴を紹介します。

【関連記事】
憧れのハンモック!後悔しないために知っておきたいハンモックの情報まとめ

ハンモックを購入して後悔しないためには知っておきたい情報があります。今回は後悔しないために知っておくべきデメリットや、用途別のオススメハンモックなどを紹介していきます。






筆者プロフィール
K_Arafune
ハンモック使用歴8年の愛好家。
数多くの国内外ハンモックを使用して研究し、今ではVivere(ビブレ)ハンモックを愛用しています。
会社員として働く傍らで、お気に入りのVivere(ビブレ)ハンモックを多くの人に知ってもらうために、記事執筆等を通してマーケティング活動をしています。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

Liquid error: Could not find asset snippets/go-to-top.liquid