熟睡のためにはハンモックで寝るのかが効果的!?寝具としてハンモックを使用するコツを紹介

目次※見出しをクリックするとスクロールします。
●寝具として優秀な寝心地の良いハンモック
●睡眠障害を抱える割合が高い日本
●寝具としてハンモックを使うことの効果
 ○寝つきが良くなる
 ○蒸れにくく熟睡しやすい
 ○布が洗えるので清潔な環境で寝ることができる
●ハンモックを寝具として使用するコツは寝転び方
●時期別ハンモック睡眠のポイント
 ○春過ぎから秋にかけての暖かい時期
 ○冬場の寒い時期
●既成概念に捉われずにお試しを

 

チェックポイント

寝具として優秀な寝心地の良いハンモック


昼寝やちょっとした休憩をするために使用されるケースが多いハンモックですが、実は夜に睡眠を取る寝具としても優秀なアイテムです。
実際に海外では今でもハンモックを寝具として使用する国があったり、日本でもじわじわとハンモックを寝具として使用して寝ている方も増えてきています。

今回は日本でも着々とファンが増えつつあるハンモックを、寝具として毎日使用して睡眠を取ることのメリットと寝る際のちょっとしたこつをお伝えしていきたいと思います。

寝心地



睡眠障害を抱える割合が高い日本


日本人の中で、睡眠障害を抱えている人がどれくらいいるかはご存知でしょうか。
厚生労働省の発表によると、日本人の5人のうち1人は「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」と回答しています。
代表的な睡眠障害として不眠症がありますが、不眠症の中にも入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの種類があり、障害として認識していない方も多いのではないでしょうか。
通常であれば数日から数週間で解消されることも多い障害となりますが、1ヶ月間以上「1. 長期間にわたり夜間の不眠が続き」「2. 日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する」という状況が続いた場合は、不眠症と診断されることが多いようです。

睡眠障害



寝具としてハンモックを使うことの効果


ハンモックを毎日の寝具として使用することは、マットレスや布団で寝るときと違ったメリットや効果があります。
もちろん個人差はあるかもしれませんが、まずはハンモックで毎日寝ることのメリットをご紹介します。

ハンモックを寝具にすることの効果

  • ハンモックの揺れで寝つきが良くなる
  • 蒸れにくく熟睡しやすい
  • 布が洗えるので清潔な環境で寝ることができる


寝つきが良くなる


まず挙げられるのは、ハンモックの適度な揺れの影響で入眠までの時間が短くなる可能性があります。
寝具に悩みを抱えている方の中には、夜早く寝たくてもなかなか寝付けないという悩みを抱えている方もいるでしょう。
ハンモックを寝具にすることによって、眠りにつきたいのになかなか眠れないというようなストレスから解放されることができるかもしれません。
寝具の適度な揺れは、ある大学での研究では入眠時間を短縮するという結果が出ています。
実際に研究で使用された寝具はハンモックではなかったようですが、筆者の私もハンモックで睡眠しており、元々不眠症だった状態から現在では寝付けないという不安はないほどに寝つきが改善されています。

【関連記事】
ハンモックで揺られる効果とは?

アウトドアや室内用としての利用が増えているハンモックですが、ハンモックといえば揺られてくつろげる点が特徴です。今回は【ハンモックで揺られる効果】という点にフォーカスしてハンモックの利点を紹介させていただきます。

寝付けない



蒸れにくく熟睡しやすい


眠りを妨げる要因として、寝具に熱がこもってしまうことによる寝苦しさもあります。
この寝苦しさは、夏場の暑い時期はもちろんですが、冬場も毛布や羽毛布団など暖かく睡眠を取るために用意した寝具が、上手く体温を逃がしてくれないことにより感じるケースが多々あります。
こういった悩みもハンモックであれば通気性が高いため、蒸れにくく寝苦しさを感じることなく熟睡ができるでしょう。

蒸れにくい


布が洗えるので清潔な環境で寝ることができる


ハンモックを寝具にすることによって、マットレスや厚手の布団と比較して気軽に洗濯して清潔な環境で睡眠を取ることが可能になります。
人は睡眠をとっている間に、コップ1杯分の汗をかいているともいわれています。
その量の汗を寝具でかいているとしたら、使用しているマットレスや布団も定期的に乾燥させ、時には洗うということも必要になりますが、ご家庭で寝具の洗濯をするのは容易ではありません。
ハンモックであれば、ハンモックの布が取り外し可能なものを選べば、ご家庭でも簡単にハンモックの布だけを洗濯することが可能です。
元々通気性がよく、寝た後にそのまま置いておけば寝ている時にかいた汗は自然と乾燥し、定期的な洗濯も気軽に行うことができます。
定期的に洗濯することを視野に入れている方にオススメなのは、布のスペアを購入しておくことです。

ハンモックの製品にもよりますが、布の生地がしっかりしたものであれば、洗濯して乾くまでの時間はどうしても長くなってしまいますが、スペアの布を購入しておくことで乾燥状況を気にせず付け替えて使用することができます。
スペアの布の購入は、対応しているメーカーとそうではないメーカーもありますので、購入時にチェックをしておくと後々困らずにすみます。




ハンモックを寝具として使用するコツは寝転び方


ハンモックを寝具として使用するコツは寝転び方にあります。
正しい寝転び方で眠りにつかないと、逆に睡眠の質が悪化する可能性があるので注意が必要となります。

寝転び方のポイント

  1. ハンモックの布を広げる
  2. 一度ハンモックに座ってみる
  3. ハンモックに対して斜めに寝転ぶ

下記の画像のように、ハンモックに対して斜めに寝転ぶことが重要になります。

ハンモック 乗り方


時期別ハンモック睡眠のポイント


寝具としてハンモックを使用する場合は、時期によって睡眠時の周辺アイテムを変更していく必要があります。
ハンモックは通気性が良い寝具となりますが、暖かい時期はそのまま寝転んで眠ることができますが、寒い時期は対策が必要になってきます。



春過ぎから秋にかけての暖かい時期


春過ぎから秋にかけての暖かい時期は、部屋の室温(エアコンなどの使用状況)にもよりますが、薄手の毛布やタオルケットを体にかけるだけで十分熟睡できる環境になります。
室温の目安は20℃〜25℃程になります。
少々寒いと感じる場合は、薄手の羽毛布団など、軽めの掛け布団があると日によって調整がしやすいため用意しておいても良いでしょう。

暖かい時期


冬場の寒い時期


冬場の寒い時期は、少々対策が必要になります。
通気性は若干悪くなってしまいますが、ハンモックの布の底に毛布を敷いて、その上に寝転んで羽毛布団にくるまって寝ると、暖かく寝ている間に掛け布団落ちて寒さで目が冷めてしまうことを防止できます。
人によっては寝袋に入ってからハンモックに寝転ぶという方もいるようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに冷え性の方の中で、寝る時に靴下を履いて寝るという方もいるかもしれませんが、靴下を履いていると逆に血行が悪くなり足先の冷えに拍車がかかってしまうので、裸足で寝る方が良いようです!

寒い時期


既成概念に捉われずにお試しを


夜眠る寝具といえば、布団やマットレス(ベッド)というのが日本では当たり前に考えられてきましたが、もし寝具に悩み探しているという方はハンモックを試してみてはいかがでしょうか。
ハンモックは寝具として購入して、仮に自分に合わないという判断になっても、様々な使用用途があります。
部屋でのソファや椅子替わり、短時間睡眠やリラックスしたりすることができるアイテムで、自立式ハンモックであればアウトドアシーンにも持ち運ぶことができます。
既成概念に捉われずに、今までと違った趣向で寝具を選び、是非自分に合う熟睡できる寝具をお探しください。

【関連記事】
寝心地が良いハンモックの条件とは?ハンモックの寝心地についての口コミを紹介。

寝心地の良いハンモックにはいくつかの条件があります。条件をしっかりと押さえた上で商品を選ぶことができれば、心地よい揺れで心身ともにリラックスすることが可能です。今回は寝心地の良いハンモックの条件、寝心地に関しての口コミを紹介していきます。

【関連記事】
ハンモックの寝心地は?ベッドとしても使用できるハンモックの睡眠効果とは

ハンモックを購入された方の中には、あまりの寝心地の良さに寝具としてしようしている方もいるほどです。今回はハンモックの寝心地と寝具で使用することのメリットなどを解説していきます。






筆者プロフィール
K_Arafune
ハンモック使用歴8年の愛好家。
数多くの国内外ハンモックを使用して研究し、今ではVivere(ビブレ)ハンモックを愛用しています。
会社員として働く傍らで、お気に入りのVivere(ビブレ)ハンモックを多くの人に知ってもらうために、記事執筆等を通してマーケティング活動をしています。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

Liquid error: Could not find asset snippets/go-to-top.liquid